イザちゃんの気まぐれ日記 - 仕事も恋愛も頑張る人を応援したい♪

日々の読書からの書評、そして、男女の恋愛観をメインに、まとめているブログになります(*^^*)♪

金川顕教 さん著書の「3秒決断思考」

金川顕教 さん著書の「3秒決断思考」を読みました(*^^*)📚

実業家の著者さんが、3秒決断思考と題して、自身の体験をベースにした「すぐやる人」になるための考え方とメソッドを紹介する一冊です。
「できるか?」から「やりたいか?」への脱皮。即決断即行動が人生を拓く★

この本を読むべきだと思いますか?
3秒で決断してください( ^ω^ )

本書は、すぐに決めて、すぐ行動することがどれだけ人生にプラスかを提案しながら、「すぐやる人」になるための方法が紹介されています。

3秒で決断することについて★
「冒頭からそんなこと言われても困る」
「紹介記事もまとも読んでないのに判断できない」
「必要かもしれないが、記事の続きや書店で実際にみないと判断できない」

僕自身もそうですし、反応がこのような状態で3秒がたってしまった場合、
この本は多くの学びを与えてくれるそうです。

確実に言えることは「早く始める方が、早く結果がわかる」ということです。

「3秒で決めて、すぐやる!」
そのために重要なのは、やらないことをキッパリと決めておくことです。

「正しい答えはない」
「唯一の正解というものは存在しない」
そう割り切ることが重要です。
正しい答えを見つけることに執着しないことが、大切です。

●日常で使いたい6つの口ぐせ
(1)「それ、面白い!」
(2)「なんとかなる!」
(3)「とりあえずやってみよう」
(4)「たしかに!」(「それもありだね」)
(5)「それは仕方ない」
(6)「おかげさまです。ありがとう」

文の最後をポジティブに締めることで、印象が180度変わります。

違和感も不安も、最初に感じたときが大切です。
その時の気持ちが、本当の自分の本音です。
「あれ?」と思ったら、その時にすぐに何らかの行動を起こす。
そう決めておくことが大切だそうです。

チャレンジの際に「できるかな?」と自分に問いかけることをやめて、
そうではなく「やりたいかどうか」を自分自身に確かめていくことで、プラスの結果を引き寄せていけるようになります。

◯大事な実践ポイント
・「できるか」ではなく「やりたいか」を行動の判断軸にする
・やらないことリストを作成する
・『今すぐ使いたい6つの口ぐせ』を意識して使う

「やりたい」を「今すぐやる」に置き換えつつ、
決断の量とスピードを上げていこうと思わせていただく時間になりました(#^.^#)ノ 


#金川顕教 #3秒決断思考 #即断即決 # #決断 #実行 #失敗 #結果 #判断軸 #口ぐせ
#読書 #学び #気づき #面白い

メンタリストDaiGo さん著書の「倒れない計画術」

メンタリストDaiGo さん著書の「倒れない計画術」を読みました(*^-^*)📚

メンタリストDaiGoさんが、挫折・失敗・サボりを折り込んで計画することで「倒れない計画術」は身につくと提案し、
科学的に証明された段取り・計画術をレクチャーしてくださる一冊です。
テーマは「事前に倒れることを折り込め!」です★

計画どおりにモノゴトを進める。
あなたにとって、簡単なことですか?
僕は難しく感じてしまいます(=^x^=)(笑)

本書は、目標達成は「事前準備をして計画を立てる」ほうが成功できると提案し、
著者さん自らが効果を実感している”倒れない計画術”を紹介されています。

計画どおりにモノゴトを進めることは、多くの方が少なからず苦手意識を持っている。
その理由は、「(計画どおりに)できない自分」を思い出すことになるからだそうです。

さまざまなツールが開発されても、計画どおりに進めることは難しいです。
必ずと言っていいほど、”想定外”の計画を妨げることが起きます。

しかし、きちんと目標設定をして計画を立てないとモノゴトが進まないのも事実。
このジレンマをどうやって解消すればいいのでしょうか。

このモヤモヤ感を解消する方法が、本書に紹介されており、
今回も科学的に証明された方法をたくさん用いて、
最新の計画テクニックを、わかりやすく面白く教えてくださっています。

ポイントは、「”まずは””あえて”挫折・失敗・サボりを計画を組むこと」で、
特に、”まずは”と”あえて”の部分が重要です。
その日の朝、「今日はやる気が出ないからチートデイにしよう」と決めるのではなく、
事前に「この日はサボる!」と決めて、チートデイをつくっておきます。

このポイントを意識しつつ、読み進めていくと、
「なぜ、自分が計画倒れになってしまうのか」が理解できると思います。

段取りを立てるときは先に「失敗する、挫折する、計画外のことが起きる」ということを
計画に盛り込んでおくことが大事そだそうです。

■現時点で最もエビデンスのあるゴール設定方法「MACの法則」
M:Measurable(測定可能性)=目標(ゴール)が数字として測定可能なこと
A:Actionable(行動可能性)=目標(ゴール)を正確に把握し、そこにたどり着くまでのプロセスを明確に書き出せること
C:Competent(適格性)=目標(ゴール)を達成することが、自分の価値観に基づいていること

「自分は本当にできるのか?」
「できるとしたら、何をしたらいいかな?」
というふうに実現に向けた可能性を加味した疑問形で、日々、自分に問いかけていくことが大切です。

●「汎化」を防ぎ、時間配分を成功させる3つの対処法
(1)人に聞いてみる
(2)人のことだと思って想像してみる
(3)自分でこれくらいと思った数字を倍にして予定する

「完璧を目指すより、まず終わらせろ。Done is better than perfect」という言葉があります。
これはFacebookの創業者で会長のマーク・ザッカーバーグさんが社内の壁に貼り出し、徹底している考え方です。
まずは6割、7割のレベルでいいから形にすること。
そして、完璧にしていくのはその後でいい、と。
多くの成功者が同じ発想をしていて、似た名言はいくつもあります。

タスクを完了させることに意識を傾け、経験を積んでいきつつ、
日常の細かな予定でも評価し、採点することで、継続すべきか、次回は再考すべきかが浮き彫りになり、
段取りの仕方をブラッシュアップしていくことができます。

○大事な実践ポイント
・行動の予測時間と実測時間のログを取る
・「今日という1日を自分でコントロールする」と毎朝鏡の前で自分に向かって語りかける
・ゴールを設定するときは「MACの法則」を満たすように設定する

「倒れない計画術を身につけたとき、自分の未来を自分でつくることができるようになる」
計画どおりに進めるためのテクニックはもちろん、仕事の生産性を上げていくことに関して、
学びと気づきが多い素敵な本でした(#^.^#)ノ

 

倒れない計画術:まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!

倒れない計画術:まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!

 

 


#daigo #メンタリスト #メンタリストdaigo #計画 #挫折 #失敗 #ゴール #目標 #明確 #習慣 #目的
#読書 #学び #気づき #面白い

ウィリアム・A・ヴァンス さん著書の「「答え方」が人生を変える」

ウィリアム・A・ヴァンス さん著書の「「答え方」が人生を変える」を読みました(o^-^o)📚

言語学者の著者さんが、「答え方」ひとつで、どんな相手・場面でも、相手があなたを高く評価するようになると提案し、
人生を変える「答え方」を説明してくださる一冊です。

は、話が膨らまない・・・。
こんな経験をしたことありませんか?(。>﹏<。)

本書は、相手を満足させて自らの評価を高める「答え方」こそ、人生を大きく左右するパワーを持っていると提起し、
「答え方」の基本から戦略までを、余すことなく解説されています。

この本で大事なキーワードが1つあります。
それは、「リープ」という言葉です。

リープ(leap)とは、跳ねる、跳躍という意味です。
この言葉を、「質問に答えるのではなく、質問にリープして答える」という意味で全編にわたり使われています。

期待して質問したら、「えっ、その情報だけで終わりなの?」と心で絶句した経験があると思います。
期待して質問したら、「うわ!想像以上にすごいと情報を教えてくれた!」と心で小躍りした経験があると思います。

ざっくりと対比しましたが、後者が「リープする答え方」になります。
その場の目的にあった付加価値情報を上乗せして、答えるということです。
相手の期待を上回る答え方が人生を変えていくそうです。

この本は、普段あまり学ばない「答え方」の本で、とても貴重だと思います。
「リープする」感覚を身につけると、質問も「リープした質問」ができるようになるということに、
この本の価値が感じられます。

リープとは「跳ねる」という意味します。
つまり、「質問をリープする戦術」とは「質問が求めることだけに答える」のでなく、
自分と相手の目的にとって、価値ある情報を追加して答えること」なのだ。

質問にリープする戦術を使うことで、その追加した価値のおかげで、
答えるたびにコミュニケーションが相手の目的に向かって建設的になります。
建設的なコミュニケーションの下では、人と状況をより効率的に深く理解し合えるようになります。

面接やプレゼンや会議での質問で盲点を突かれた時に、リープする方法を知っていれば、
コミュニケーションで自分と相手の目的を見失うことがなくなります。
結果的に質問を恐れることはなく、柔軟に対応できるようになるそうです。
そして、答えに自分の意見や洞察や行動を含めることが、自分の考えや能力や人格を伝えていることにも繋がります。

著者さんいわく、来るべき未来は、答えに価値をインプットして相手と分かち合いつつ、
同時に自分の知識や能力や人格もアウトプットする「質問をリープする答え方」が不可欠な時代になるそうです。

■いい質問がもたらす3つの可能性
(1)知識を深める
(2)人間関係を構築する
(3)パフォーマンスを向上する

質問をリープして答える限り、会話のイニシアティブを取り、あらゆる質問をさばくことができます。
また、コミュニケーションから高い成果を生み出すことが可能になるそうです。

○大事な実践ポイント
・質問に対する答えに、双方の目的にあった付加価値情報をのせる
・質問に対して、「知識を深める」「人間関係を構築する」「パフォーマンスを向上する」のどれかの可能性を広げる答えをする
・会話で、「+α」のやりとりができているか、注意を払う


【最高のコミュニケーターにするのは「答え方」】
リープする答え方を意識しつつ、自分と相手の目的にとって価値のある情報を追加して答えるようにしていこうと
思わせていただく、学びのある時間になりました(#^.^#)ノ

 

「答え方」が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」

「答え方」が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」

  • 作者: ウィリアム・A・ヴァンス,神田房枝
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2017/05/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 


#ウィリアムAヴァンス #質問 #答え方 #リープ #基本 #戦略 #建設的 #コミュニケーション #付加価値 #提供 #目的
#読書 #学び #気づき #面白い

城ノ石ゆかり さん著書の「マンガでわかる 仕事もプライベートもうまくいく 感情のしくみ」

城ノ石ゆかり さん著書の「マンガでわかる 仕事もプライベートもうまくいく 感情のしくみ」を読みました(*^-^*)📚

人気セラピストの著者さんが、常にわき上がる感情のしくみを理解し、
適切に処理することで仕事もプライベートもうまくいくと説明してくださる一冊です。
実際のセミナーをマンガ化したとのことで躍動感があります。

今この瞬間、ある感情があなたの中にあります。
それは、どこから来たものですか?

本書は、著者が提唱する”未処理の感情”に気づき向き合う「4nessコーピング」メソッドを、
実際のセミナーシーンをマンガ化することで、イメージしやすく解説した内容となっています。
未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決するそうです★

「やらなきゃいけないことが山積みだ!」
人は、じぶんの外にあることに対しては、タスク管理などを通して処理することに熱心です。

しかし、一番山積みになっていることを忘れています。
それは、じぶんの中で常にわき上がる”感情”です。

この”感情”が、未処理の状態で溜まってしまうと、さまざまな不調に襲われることになります。
うつ病であったり、本当にやりたいことから離れてしまったり、人間関係を悪化させたりと影響は様々です。
そうならないために、著者さんは「4nessコーピング」という未処理の感情と向き合うメソッドを提唱されています。

■「4nessコーピング」を構成する4つのステップ
・気づく(Awareness)
・許す(Forgiveness)
・受け取る(Mindfulness)
・自分の中心に戻る(Oneness)

マンガによる躍動感のあるタッチ/内容から、
著者さんが提唱する「4nessコーピング」がどういうものなのか、とてもリアルに体験することができます。

未処理の感情は日常の些細なストレスに敏感に反応し、キレる、癇癪を起こす、涙が溢れるといった、現実に作用を及ぼします。
多くの方は、この爆発しそうな感情を抑えるために人生を発展させるエネルギーの7割を使っていると言われています。

以下のABC理論にあるように、
感情の元になる原因として「A→B」という流れがあり、
人は出来事に対して、自分の解釈を入れていきます。

つまり、同じ現実を見ていても、認知・捉え方によって、異なる結果(感情)を手にしています。

■ABC理論(アルバート・エリス博士)
A:出来事(Activating Event)
B:認知・捉え方(Belief)
C:感情(Consequence)

感情には良いも悪いもありません。
すべてが気づきのヒントとして現れてくれています。

気づきは力です。
気づかないことには変われません。

気づきのレベルを上げ、プラスの解釈に変えていくことで
感情をコントロールできるようになり、
自分の行動に責任が持てるようになっていくそうです(-^〇^-)

感情のコントロール、そして、気づきと解釈の大事さについて
わかりやすく沢山の学びのある本でした(#^.^#)ノ

 

マンガでわかる 仕事もプライベートもうまくいく 感情のしくみ

マンガでわかる 仕事もプライベートもうまくいく 感情のしくみ

 


#城ノ石ゆかり #マンガ #感情 #仕組み #セラピスト #コーピング #解釈 #認知 #捉え方 #受け入れる #責任
#読書 #学び #気づき #面白い

男ウケ抜群女子がやっていることとは?

男性からの人気が高くて、いつも男性に囲まれているような女性は、
普段から男ウケのいい行動を自然と取っているものです。

その行動を知ることができれば、多くの出会いとチャンスをものにできる可能性も高くなるでしょう。

そこで、今回は、「男ウケ抜群女子」が当たり前にやっていることを紹介します。
是非マネしていきましょう。

1. 集まりへの「参加率」が高い

みんなでの飲み会とかBBQなどに参加してくれることが多い女の子は、ノリが良いので自然と印象も良くなります。
気軽に声とかもかけやすいというのが、多くの男性からの意見です。

同僚との飲み会や友達の集まりなどへの参加率が高い女性は、
男性たちの中では「親しみやすくノリの良い子」という印象になります。
当然、声もかけやすく近づきやすくなります。

そこからデートにも誘いやすいので、
「出会いがない…」と感じるヒョ性は特に、こういった場に出てみると効果的かもしれません。

2. 冗談に「ツッコんであげる」

ボケたときにちゃんとツッコんでくれる女の子は、話してて楽しくなりますし、どんどんボケたくもなる。
笑いのツボも近いように感じられることで好感を持たれます。

会話が盛り上がるとか、話していて楽しいというのは、男ウケの一番重要なポイントです。
その大きな要因になるのが、男性にちゃんとツッコんであげること。
冗談を言ったときにツッコミを入れてくれると、会話も弾むし楽しさも倍増するものです。
男性が「ずっと話していたい」と思える女性でもあるかもです。

3. 何事も「加点方式」である

なんでも物事の良い面を見ようとする女の子は、好印象です。
悪いところを見つけて文句ばっかり言っている子だと、一緒にいてもイライラしてきちゃいうかもです。

ダメな部分にばかり目がいく減点方式な考え方の女性よりも、いい部分を見つけようとする加点方式な考え方の女性の方が、
一緒にいても楽しいですし気分もいいものです。

おそらくそのほうが、自分自身も楽しく過ごせるはずです。悪いところを無視しろとはいいませんが、
「良いところ」が見えなくなってしまっているなら、それは問題です。

常に批判的な姿勢でいると、相手にするのがめんどくさそうな人だと思われてしまします。

4. ちゃんと「笑ってあげる」

男性の話を聞いて笑ってくれる女の子には、単純ですが、やはり一番好感を持たれます。
また笑わせたいなって思ったりもしちゃいますし、どんどんハマッていくのかもです。

自分の話を聞いて笑ってくれる女性には、男性は確実に好印象を抱きます。
そういう女性とは、話していてもどんどん楽しくなってくるので、止まらなくなったりもしちゃいます。

これは、見かけたら自然と話しかけたくなる女性が持っている素養です。
色んな男性から話しかけられる女性は、ちゃんとリアクションを取ってあげていることが大きな要因になっているのでしょう。

終わりに

いかがでしたか?
男ウケがいい女性は、一緒にいて嫌な気持ちにさせない女性です。
常にハッピーな気持ちにさせてくれる女性の周りには、自然と女性も男性も集まってくることでしょう。 

相手が喜ぶプラスの行動とエネルギーを与えつつ、
ぜひモテモテになっちゃってくださいね♪♪

 


#mote
#モテ
#男ウケ
#人気
#ノリが良い
#親しみ
#魅力
#加点方式
#リアクション
#笑顔
#ポジティブ
#エネルギー
#価値観
#恋愛観
#大事

大坪伸 さん著書の「運命を支配する超ドS思考法」

大坪伸 さん著書の「運命を支配する超ドS思考法」を読みました(o^^o)📚

講演家の著者さんが、運命を支配するのは自分だと知っていることが成功者の共通項だと提起して、
だれもが実践できる「運命を支配する超ドS思考法」を熱く伝授してくださる一冊です。

「運命は誰でも変えられる!」
あなたは信じれますか?

本書は、「今よりも良い人生にしたい」と真剣に思う方々に向けて、
「運命の支配者であれ!」と語りかけ、そのために必要な「超ドS思考法」について書かれています。

宿命と運命は違う。
宿命は「宿る命」だから変えられないが、運命は「運ぶ命」だからいかようにも変えられる。
まずはここを明確するように、著者さんは指摘されています。

その上で、「真実」「信頼」「進化」の3つのSを「超ド級」に意識しなさい。
これがこの本のメインテーマ/骨格となっています。

その中でも特に大事なのはエネルギーのコントロール
意識すれは、周囲はじわじわと心の底がざわめいてくるほど、エネルギーに溢れています。
この溢れる高いエネルギーに触れて、その高いレベルのエネルギーに自分を合わせていく。
そうすることで、間違いなく成長できると著者は言い切ります。

言われてみれば、何気ない日常の延長が「今」です。
このまま変わらず日常を送り続ければ、「未来」も何気ないもののままです。

「変わりたい」「得たい」「のし上がりたい」
こう思うなら、日常を変え進化させていくことが不可欠です。

そのために必要なことが、この本には書かれています。
運命は変えられます、行動をし続ければ。
運命を変えるのは、才能でも質でもなく、行動だそうです(o^-^o)

運命は「運ぶ命」と書くように、自分の命をどのように運んでいくか、
どのように生きていこうとするのかで、いかようにも変えられます。

強い想いさえあれば、目的は必ず達成できますし、夢は絶対に叶います。
まずは、強い決断力を持ち、すぐ決断していくことが大事だそうです。
人は決断の回数を通して変化をします。

得たい未来があるのであれば、その得たい未来と同じ周波数(エネルギー)に、今の現実を揃えて(寄せて)いくだけです。
そうすることによって、驚くようなことが実際にどんどん実現していくようになるそうです。

「真実」「信頼」「進化」を意識することで、人生は確実に最高の人生へと近づきます。
そして、この「3つのS」を超ドS級に大切にした「超ドS」思考法をマスターできた時、
自分の人生の王座に君臨し、運命を支配することができるようになるとのことです。

■良い人生へと導くマインドセット10選
1. 脳機能の仕組みを理解する
2. 早起きは3万円の徳だと思う
3. 自己投資や勉強代を惜しまない
4. 勝てるフィールドで関係を築く
5. お礼は手間暇かけて手厚くする
6. 1円玉を拾って話しかける
7. お金に居心地の良さを提供する
8. タクシーでは必ずお釣りをもらう
9. いつもそうなのかを考える
10. 神秘的なパワースポットに頻繁に行く

○大事な実践ポイント
・「真実」「信頼」「進化」を意識する
・自分がどんな時に、どんな相手、どんなことに嫉妬するのかを書き出す
・フィジカルトレーニングを継続する

「自分の感情と態度はコントロールできる」
自分の管理下にあるものが何なのかを意識しつつ、
1つ1つの決断/行動を通して、できることを増やしていこうと思わせていただく時間になりました(#^.^#)ノ

 

運命を支配する超ドS思考法 億万長者になるために必要なこと 【CD付】

運命を支配する超ドS思考法 億万長者になるために必要なこと 【CD付】

 


#大坪伸 #運命 #宿命 #違い #決断 #自由 #選択 #エネルギー #真実 #信頼 #進化
#読書 #学び #気づき #面白い

露出に頼らない安らぎのある色気とは?

色気のある女性って、同性ら見ても素敵なもの。「色気があるね」なんて言われてみたいですよね。
「色気」は時代を問わず重要なモテ要素のひとつですが、
この色気のあるなしって、なにで決まるんでしょうか?そもそも、色気ってなんだと思いますか?

そこで、今回は、「安らぎのある色気」について考えていきたいと思います。

1. 色気の正体は自信
「色気」と言われるものの正体のひとつは、ずばり「自信」です。
人は、おどおどしていて考えが分からない人、意志の弱い人といると不安を感じるもの。
でも逆に、分かりやすい信念を持っている人、芯の強い人といると安心し、惹かれちゃいますよね。
つまり、色気のある人とは、強い信念と芯を持った人と言い換えることもできます。

「色気がある人は自信がある人...?」

いまいちピンとこない人もいるかもしれません。
しかし、「色気」を「人を惹きつける力」と捉えると、自信が重要なキーワードになるような気がしてきませんか。
では具体的に、「自信のある、なし」はどんなところに表れるんでしょうか?

実は、意外なところにあるんです。

2. 自信のあるなしは「視線」で決まる
自信が表れるポイントは、仕草や声、話すときのスピード、表情…など、人によって違います。
「背筋が伸びてる方が自信がありそうに見える」とか、「低い声でゆっくり話すと余裕があるように感じる」など、
なんとなくですが、いろいろありますよね。でも、特にそれが出やすいポイント、
つまりが「自信があるように見える人」「自信がないように見える人」とで分かれるポイントを教えましょう!

それは、「視線」です。

散歩中のワンちゃんたちが見つめあってガルガルしているように、動物は視線だけで相手の力量を測っているそうです。
私たち人間も、普段は意識していないものの、視線で相手の力を測っていたりするもの。
つまり、「色気(イコール自信)」を視線で感じ取っているということです。

試しに、あなたの周りにいる色気がある人の目をじっと見つめてみてください。
きっと優しいまなざしで、あなたの目をまっすぐ見つめ返してくれるはず。

それって、自分に自信があったり、余裕があるからこそできることだと思うんです。
逆に、自信のない人だと、おどおどした視線になったり「なに?」と戸惑ったり。すぐに視線をあなたから外してしまうでしょう。

3. 優しく余裕がある視線は色っぽい
視線ひとつで色気が出せるなら、ぜひとも色っぽい視線をマスターしたいところ。
色気がある視線は、意識的につくることもできるんです。

ちょっと注意したいのは、色気がある視線イコール、「うるうるした上目遣い」や「流し目」ではないこと!
ポイントは、相手を包み込むような優しい視線をつくること。
キーワードは「包容力」です。

人は、好きな人やものを見ると心が穏やかになるようで、その穏やかな気持ちで見つめられると、包まれているような安心感を感じます。
ですので、誰かと話をするときは、大好きなものや人を想像すると、相手を包み込むような優しい視線をつくることができるんです。

自分を受け入れてくれる人、愛してくれる人、認めてくれる人、重要だと思ってくれる人って心惹かれるものですよね?
あなたがまわりの人たちを、優しいまなざしで見つめることができるようになれば、
男女問わず人から好かれる色気が身につくはずです。

色気って、顔のつくりや体つき、持って生まれた変えようのないものや、
露出ばかりをイメージしがちなんですが、実はそれだけじゃないんですよね。
色気は、普段からの意識と努力で作ることができます。


いかがでしたか?
今回は、「自信と視線」に着目し、色気の謎に迫ってみました。
魅力的な女性、人を惹き付ける女性は職場や学校、街中にもたくさんいますよね。
彼女たちを見てみると、みな自分に自信があって、まわりに優しい目を向ける余裕を持っているようにも感じます。

素敵な女性が持つ自信/視線から色気を学びつつ、
ぜひモテモテになっちゃってくださいね♪♪

 


#mote
#モテ
#色気
#自信
#視線
#信念
#魅力
#包容力
#余裕
#依存しない
#価値観
#恋愛観
#大事