イザちゃんの気まぐれ日記 - 仕事も恋愛も頑張る人を応援したい♪

日々の読書からの書評、そして、男女の恋愛観をメインに、まとめているブログになります(*^^*)♪

カルロス・ゴーン さん著書の「リーダーシップ論」

カルロス・ゴーン さん著書の「リーダーシップ論」を読みました(*^^*)📚

私たちの視界に唯一、入っていないのが「自分の姿」です。

そして、自分が見えない分、
周りの人の行動は、逐一、目に入り、ついジャッジしてしまいます。

問題が起これば、その会議では何が悪い、
誰が悪いかと焦点がそこに集中してしまいます。

そんな時にこそ、「パラダイム転換」が必要です。
「何が悪いかよりも、どうやったらできるか」

カルロス・ゴーンさんは、
「「他人」が何をすべきかより「自分」が何をすべきかに意識を向ける」ことを大事にされているそうです(#^.^#)

問題が起こっている時に欠如しているのは、
意識の欠如と選択の欠如だそうです☆

「打つ手はいくらでもある」
「ピンチは成長のチャンス」

改めて、「自分」が何をすべきかを考え、集中することの大事さを学ばせていただく時間になりました(=^x^=)!
————————————-
「自分」が何をすべきかでなく、
「他人」が何をすべきか
について話すようになったとき、
その企業は終わりである。

      カルロス・ゴーン
————————————-

#カルロスゴーン
#リーダシップ
#自分
#他人
#集中
#問題解決
#読書
#学び
#気づき
#面白い