イザちゃんの気まぐれ日記 - 仕事も恋愛も頑張る人を応援したい♪

日々の読書からの書評、そして、男女の恋愛観をメインに、まとめているブログになります(*^^*)♪

強がると逆効果!モテに繋がる、彼に見せるべきあなたの“弱い部分”とは?

自立した強さは女性の魅力のひとつ。
でも、強がって弱さを見せないと、「隙がない」「可愛げがない」と、誤解されてしまう原因になりやすいようです。

素直に弱い部分を見せたほうが、男性には可愛く映り、モテに繋がるもの。

そこで今回は、親近感や可愛げにつながる、素直に見せるべき“弱い部分”について、
考えていきたいと思います。

■実は人見知り・小心者

実は人見知りで小心者。人と接することが実は苦手……という人、多いかと思います。
人見知りだと悟られないように頑張ることも、強がりのひとつと言えるかもしれません。

ときには、人見知りを克服しようと頑張ることも大切。

でも、無口で無愛想な態度は、誤解を招きやすいものです。
そんなときには、「実は人見知りなんだ」「実は小心者で人と話すの得意じゃないんだ。うまく話せなかったらごめん!」と素直に話すのが正解。

男性は自分のために頑張って向き合ってくれていると感じ、嬉しくなるものです。

■実は恋愛経験に自信なし

恋愛経験が少ないことが、恥ずかしい、マイナスになると感じて、
彼の前で恋愛慣れしていると背伸びしてしまう人も少なくないはず。

でも、この強がりを続けると、“恋多き女”という誤解を招く可能性があります。

恋愛経験の有無は、一緒にいるうちに相手にもなんとなく伝わっていくもの。

ここで行動と言っていることに矛盾があると、不信感が生まれてしまう恐れもあります。

恋愛経験が少ないことは、恋愛するうえで武器になることも多いもの。素直に「実はあんまり恋愛経験がなくて……」「恋愛に自信がないんだ」と弱さを見せるのが正解です。

その弱さが可愛い、自分色に染めたいと思う男性も多いのですから。

■実は料理下手

家庭的な魅力はもちろん大切。でも、必ずしも料理上手だからモテるとは限りませんし、
私が思うに、恋人選びに料理の腕を最重要視している男性は意外と少ない気がします。

背伸びして料理ができると言ってしまうと、あとあと自分の首を絞めてしまうことに……。

「実は料理苦手なんだよね」と伝えたからといって印象ダウンになることはそうありません。

「いま料理勉強中でも〇〇くんのためなら頑張ろうかな」「料理上手じゃないけど肉じゃがは自信があるよ!」とアピールするのもいいかもしれません。

■実は勉強ができない

教養があるかどうかを重要視している男性も多いもの。
でも、だからといって知ったかぶりをすると、印象ダウンにつながりやすくなってしまいます。

知らないことは知らないと素直に言ったほうが、「教えてあげたい!」「かっこいいところを見せられる!」と男性は張り切るもの。

社会でのマナーや言葉遣い、一般常識がちゃんとあれば、勉強はできなくてもそう大きな問題ではなさそうです。

■おわりに:「欠けているもの」はダメなものではなく「かけがえのないもの」♡

完璧すぎる女性は、意外と男性にモテないもの。

少しくらい欠点があるほうが、人間味があり親近感が湧きます。
自分の長所に自信を持ち、弱い部分は素直に見せるのがモテるためのポイント!

強がりを捨てて素直になれば、それだけで可愛がられる女性になれるはずです。

「モテに繋がる、彼に見せるべきあなたの“弱い部分”」を意識しつつ、
ぜひモテモテになっちゃってくださいね♪♪

 

よろしければクリック応援お願いいたします(*^^*)

↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

 


#mote #モテ #心理学 #強がり #弱点 #愛され上手 #可愛げ #人見知り #心の距離 #恋愛経験 #ギャップ
#親近感 #素直さ #人間味 #頑張る #女子力 #価値観 #恋愛観 #大事

「恋愛慣れしていない」は武器♡男性がキュンとする部分はココ★

恋愛経験が少ないと、後ろめたい気持ちになってしまうこともあるでしょう。

ただ、あなたが気にしている「恋愛慣れしていない部分」が、男性的にはキュンポイントになることもあるんです。

ではそれって一体どんな部分なのでしょうか?

■「はじめて」はやっぱり嬉しい!

意気揚々と連れて行ったお店に、実はほかの男と来店していた。
ふたりではじめて訪れたデートスポットに、実は元カレと来たことがある……。

こういう状況になると、やはり男性はガッカリします。

勝手に「過去の男に負けた」と、プライドが傷ついてしまうみたい。

基本的に男性は、恋愛経験豊富な女性にたいしても、「はじめて」を求めているもの。
つまり恋愛慣れしていない女性にたいしては、それだけで「俺がはじめての男になれる!」と嬉しくなるようです。

「ここはじめてきた~!」と目をキラキラさせて喜ぶだけで、彼らはトキメキますよ。

■ギャップにドキッ!

かわいくてモテそうなのに、実は交際経験ゼロ(少なめ)は大きな武器になります。

そもそも学校が厳しくて彼氏ができなかった、あまり恋愛に興味がなかった、
綺麗になりたくて努力したなど……人にはそれぞれ事情がありますよね。

よっぽどの男性じゃない限り理解してくれますし、正直言って今かわいければ、彼らも問題ありません。

恋愛慣れしていないことを嘆くのではなく、まずは「あの子いいな」と思ってもらえる女子を目指しましょう!

■小さなことで喜んでもらえる

恋愛経験が積まれると、どうしても「奢ってほしい」とか「誕生日は◯◯が欲しい」なんて欲が出てきます。

これが悪いことだとは思いませんが、男性もなかなか期待に沿えず、
申し訳ない気になることもあるでしょう。

一方で恋愛慣れしていない女子は、手をつないだ、キスをしたなど……。

すべてが初体験となり、特別。

恥ずかしそうな彼女を見るだけで、男性もキュンキュンするのです。

■おわりに:「恋愛慣れしていない」は武器になる♡

恋愛慣れしていないことが、逆に彼を、刺激するスパイスになるみたい。

だから「この歳で彼氏いないってヤバいのかな……」なんて思い、
焦って変な男と付き合うのだけはやめましょうね。

男性がキュンとする部分を意識しつつ、
ぜひモテモテになっちゃってくださいね♪♪

 

よろしければクリック応援お願いいたします(*^^*)

↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

 


#mote #モテ #心理学 #距離感 #恋愛慣れ #愛され上手 #キュン #はじめて #心の距離 #嬉しい #ギャップ
#意外な一面 #特別 #ラブラブ #スパイス #女子力 #価値観 #恋愛観 #大事

知れば知るほど好きになる♡好きな人との距離を近づけるには、「熟知性の原則」が有効★

「熟知性の原則」とは、知れば知るほど好きになる、という法則のこと。

趣味や得意なことって、どんどん知りたくなりますし、知れば知るほど愛着が湧いてきますよね。

この「熟知性の法則」は、好きな人との心の距離を近づけるのにも有効なんです!

そこで今回は、恋愛においての活かし方について、
考えていきたいと思います。

■まず、自分が「どのくらい知らないか」を知る

好きな人のことを「もっと知りましょう」と言うと、多くの方(特にカップルや夫婦)は「もう十分知ってる」と答えます。

でもそこで「相手の好きな食べ物を10個あげてみてください」と聞くとけっこうみなさん答えられません。

たとえば「ポテトチップスが好き」とわかっていても「味は?」「銘柄は?」などと質問すると困ってしまうでしょう。

ここで気づいてほしいのは「意外と知らないことが多い」ということ。

「相手のことを知っている」と思うと「知りたい」という気持ちにはなりにくいもの。
「知らない」と思うからこそ興味がわくのです。

その解消法としては、「好きな食べ物」「好きなスポーツ」「きらいなにおい」など、相手の好きなものや嫌いなものについて、できるだけ書き出してみること。

できればカップルでやるのがオススメです。おたがいに「意外な一面」をたくさん見つけられると思います。

■質問してみる

自分の知らない「相手の好きなもの」が見つかれば、どんなところが好きなのか、いつから好きなのかなど聞いてみましょう。

たとえば、“いま”はカレーが好きだったとしても、“昔は”きらいだった、ということもありえます。

そんな話を聞いているうちに思い出話に花が咲いたり、
あなたが知らなかった家族とのエピソードに触れたりすることがあるでしょう。

結果として相手のことを「もっと知る」ことができるのです。

■自分の好きなものについて話す

この「自分の好きなものについて話す」のは、実は順番がとっても大切。

基本的に人は話を一方的に聞かされることは好きではありません。
そのため、自分をさらけ出したあとのほうが、相手の話を聞きやすくなるのです。

彼が自分のことを語ってくれたら、あなたのことも話してみてください。

彼の話から連想された話題でもいいですし、最初に話していたトピックスのことでもかまいません。

あなたが相手のことをたくさん知ることができたように、
彼にもあなたのことを知ってもらうことができると、お互いに「熟知性の原則」がはたらきます。

お互いの理解が深まる、素敵な時間を過ごすことができるはずです。

■おわりに:今よりももっと彼を知って、より仲良くなる♡

一緒にいるとマンネリになるのは「もう相手のことは全部わかってしまった」と思い込むからなのかもしれません。

でも、自分のことですら、まだわかっていない(気づいていない)ことってたくさんあるはず。
相手のことなんてもっと「未知」の部分が多いことでしょう。

今よりももっと彼を知って、より仲良くなってくださいね。

好きな人との距離を近づける「熟知性の原則」を意識しつつ、
ぜひモテモテになっちゃってくださいね♪♪

 

よろしければクリック応援お願いいたします(*^^*)

↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

 


#mote #モテ #心理学 #距離感 #熟知性の原則 #愛され上手 #有効 #愛着 #心の距離 #オープンマインド #ギャップ
#意外な一面 #仲良し #ラブラブ #受け入れる #女子力 #価値観 #恋愛観 #大事

マイクロソフト伝説のプログラマーによるアウトプット術!中島聡 さん著書の「結局、人生はアウトプットで決まる」

中島聡 さん著書の「結局、人生はアウトプットで決まる」を読みました(o^^o)📚

マイクロソフト伝説のプログラマーの著者さんが、人生はアウトプットで決まる傾向が一層強まると提起し、
苦手な人でも実践できるアウトプット力の磨き方を指南してくださる一冊です。
アウトプットが成長の上昇気流を生む★

あなたがもっとも伝えたいメッセージ。
それは、なんですか?

本書は、「アウトプット」が人生を変える時代になったと提起し、
AIが仕事を奪うと怯えることのない、「自分だけの発信力」の磨き方が書かれています。

Blog、TwitterInstagram、Note、Facebook・・・。
人類総発信時代かというほど、アウトプットに追われる人が激増している現代社会。

「そのアウトプット、”言葉のゴミ”になっていませんか?」
こんな辛らつな問いかけから、この本ははじまります。

もちろん、ケンカを売ろうとしているわけではありません。
「冷静にアウトプットを見つめ直して、アウトプットを”人生を変える力”に磨き上げましょう!」というのが、著者さんが伝えたいメッセージです。

そんな著者さんが、あなたに求めるアウトプット像は次のとおりです。
『情報に自分なりの解釈を加え、わかりやすく伝えること』

ここに徹底的にこだわり続けることで、アウトプットは人生を変える力を帯びると主張します。
そのために磨く必要のあることを、1つ1つ解説しながら提示していきます。

『アウトプットは継続期間の長さと行動への抵抗力が反比例する』
最初の一歩が一番苦労して、続けていくうちに、それをするのがあたり前になっていくのです。

アウトプットの本は、ピンからキリまであります。
その中で、一番苦労する「最初の一歩」を背中から押してくれる力のある本だと感じます。

【本書の主な抜粋】
アウトプットをする際に大切なことは、インプットの時にできるだけ生の情報を直接受け取ること。

これから求められるアウトプットは、「情報に自分なりの解釈を加え、わかりやすく伝えること」なのです。
それを自分に課すことで、本質を理解するためにより深い学びをしようと努力するからです。

■アウトプットのステップ
ステップ1:「テーマ」を決める
ステップ2:「読者」を決める
ステップ3:「書く場所」を決める

ベーシックインカムが導入されたら、あなたは何をするか」、そして「アウトプットしてみて、1か月以上ムリせず毎日続くのか」。
これこそがあなたにとってのリトマス試験紙になるのです。

商品を購入したり、株式を購入したりして「積極的に関わる」ことでインプットの濃度は飛躍的に高まる。
インプットにおいて、「積極的に関わることによる当事者意識の獲得」は一つのカギとなるのです。

メディアの構成は「東洋経済オンライン」に学べ。

自己紹介などの会話の早い段階で、まず「自分が深掘りできる話題」を出してみましょう。
そして、相手が食らいついてきたら、躊躇なく、会話を展開していく。
そんな会話こそが、良いインプット、ひいてはアウトプットにつながっていくのです。

自分の中でモヤモヤとしているものを人に話してみると、意外なインプットが得られる可能性は十二分にあるのです。

”良いプレゼン”とはいったい何か。
それは、「もっとも伝えたいメッセージをシンプルに、わかりやすく、情熱的に伝えること」にほかなりません。

(プレゼン資料は)あなたの発言を際立たせるための補助的なものです。
だからこそ、大事なことは書いてはいけない。
本当に大事なことは、「あなた自身の口からアウトプットする」必要があります。

プレゼン初心者の方に向けたアドバイスをお伝えしていきたいと思います。
まず、観客は「未熟なプレゼン」には寛大だということ
逆に、「何を伝えたいのかがわからないプレゼン」を観客は許してくれません。

あなたがこれからアウトプットしていく中では、同時に「プロフェッショナル 仕事の流儀」のプロデューサーのような役割も務めないといけません。
主人公はあなた。
次に必要なのは、「(自分に)何を語らせたら面白いか」を見抜くことです。

■大事な実践ポイント
・アウトプットのステップ1〜3を意識する
・「何を伝えたいのか?」を自問しながらアウトプットを考える
・本当に大事なことは、「自分自身の口からアウトプットする」ことを心がける

【アウトプットが成長の上昇気流を生む!】
理想のアウトプット像、『情報に自分なりの解釈を加え、わかりやすく伝えること』を意識しつつ、
アウトプットを”人生を変える力”に磨き上げていこうと思わせていただく、
学び気づきの多い素敵な本でした(#^.^#)ノ

 

よろしければクリック応援お願いいたします(*^^*)

↓↓↓

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

 


#中島聡 #アウトプット #マイクロソフト #発信力 #情報発信 #解釈
#葛藤 #継続性 #インプット #ベーシックインカム #本質理解 #シンプル #情熱的 #プロデューサー #プレゼン
#読書 #学び #気づき #面白い

「最初の3か月がピーク」のジンクスを簡単に覆す♡付き合ったあともどんどん仲良くなる方法とは?

“付き合う”こと自体はゴールではなく、“好きな人と幸せに過ごす”ための手段にすぎません。

「付き合う前が一番楽しい」「最初の3か月がピーク」なんてよく言われていますが、
できることなら、恋人とはずっとラブラブでいたいですよね。

もちろん、お付き合いを続けながら、どんどんお互いを好きになっていくことだって可能ですよ!

そこで今回は、付き合ってから2人の仲を深める方法について、
考えていきたいと思います。

■ポジティブな気持ちを欠かさず伝える

付き合いが長くなればなるほど、当然それまでに交わした言葉の数は増えていきます。
ポジティブな気持ちを漏れなく伝えていけば、そのたびお互いの絆を強くすることができるんです。

まずは、どんな些細なことでも、何かしてもらったら「ありがとう」と伝えること。

「彼氏なんだからこのくらいしてくれて当然!」という考え方ではいけません。
ちょっと照れ臭いかもしれませんが、「ありがとう」の後や、1日の終わりに「好き」と伝えるのもおすすめ。

きちんと言葉にすれば、相手が喜んでくれるのはもちろん、自分の気持ちもブレにくくなります。

■不安なことがあれば柔らかく伝える

相手のことが好きすぎて、些細なことでも不安を抱いてしまうのはよくあること。

「飲み会に女の子もいるの!?浮気するつもりなんでしょ!!サイテー!!」なんて、
根拠もないのについ強く当たってしまったことはありませんか?

不安な気持ちを我慢して隠し続けるのはよくないので、「かわいく」「柔らかく伝える」ことを意識してみましょう。

たとえば……

「こんなこと言われたら嫌かもしれないけど、飲み会に女の子がいるって知って、ちょっと不安になっちゃったの……終わったら電話してくれると嬉しいな(><)」と、
丁寧にお願いしてみるのもおすすめです!

■連絡やデートの頻度を下げすぎない

「仲がよければ週に一度の連絡でも大丈夫なはず」
「遠距離ではないが、2ヶ月に一度しかデートしていないという友人もいる」

そんなふうに考えて、連絡やデートの頻度を下げようとしているなら危険です。

たしかに、そういうカップルもいることにはいますが、本人たちに聞いてみると、
あまりラブラブとは言い難い状況なことがほとんど。

やはり、連絡やデートは間を空けすぎないほうがよさそうです。

お互いに話し合い、連絡は1日1回以上、デートは月に2回以上、など目安を決めておくといいかもしれません。

■おわりに:4ヶ月目以降も仲良しカップルを目指そう!

「最初の3か月がピーク」なんて悪いジンクスは、ちょっとした努力で覆すことができます!

実際に数年付き合っても、結婚しても、「大好き!」と言い合っている、仲のいいカップルは存在します。
せっかく好きな人と付き合えたのだから、ずっと仲良くいられるよう気を配ってみてくださいね!

「付き合ったあともどんどん仲良くなる方法」を意識しつつ、
ぜひモテモテになっちゃってくださいね♪♪

 

よろしければクリック応援お願いいたします(*^^*)

↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

 


#mote #モテ #心理学 #付き合う #ゴール #愛され上手 #手段 #テクニック #ポジティブ #余裕 #ギャップ
#丁寧 #仲良し #ラブラブ #受け入れる #女子力 #価値観 #恋愛観 #大事