イザちゃんの気まぐれ日記 - 仕事も恋愛も頑張る人を応援したい♪

日々の読書からの書評、そして、男女の恋愛観をメインに、まとめているブログになります(*^^*)♪

大森健巳 さん著書の「なぜあの人が話すと納得してしまうのか?」

大森健巳 さん著書の「なぜあの人が話すと納得してしまうのか?」を読みました(*^-^*)📚

日本交渉協会特別顧問の著者さんが、従来の交渉の概念を覆すバリュークリエイト交渉術を提示してくださる一冊です。
「なぜあの人が話すと納得してしまうのか?」その秘密は、価値創造にあります★

お互いが消耗するだけの交渉・・・
そんな場面に立ち会った経験ありませんか?
交渉とは、なんのためにするのでしょう?

本書は、想定していなかった価値創造がどんどん発生する、
そんな「新しい交渉の概念=ハイパークリエイト交渉術」が書かれています。

「相手より1ミリでも優位に立つ」
「相手がどう思おうが自分にとって満足な結果が得られればいい」
”交渉”という言葉には、このようなイメージを持つ方が多いと思います。

交渉について勉強した方なら、「交渉とは、WIN-WINを目指さないとダメだ」と思うかもしれません。
この本を読むと、こうした従来の認識はまったく意味がないことに気づきます。

『コミュニケーションを通して、価値を生み出していくこと』
これが、著者さんが提唱する”交渉”の概念です。

この概念を満たすためのさまざまなスキルが、交渉術なのです。
この概念が満たされるとき、人はあなたの言葉に納得します。

世界の名だたる賢人と一緒に仕事し続ける著者は、それだけ価値を生み出している人です。
その方のマインドを学べる本書は、一読の価値ありです。

交渉において大事なのは「相手に決定権を委ねること」です。
相手をコントロールする代わりに「あなたが決められます」と言います。
「あなたには力があります」と伝え、相手の権威を認め、判断に必要な情報を提供します。

■相手に対して配慮する欲求ポイント
(1)価値理解
(2)自律性
(3)ステータス
(4)役割

この4つの欲求を無視したり配慮を忘れてしまうと、水面下でどんどん不満がたまり、会話や関係がギクシャクしだします。
交渉においても、これらの4つが抜けることで、言葉や顔に出さなくても妙な空気感になってしまいます。

何かを交渉をするときには、いつもこれを思い出し、以下のステップをふんで交渉することが大切です。
【ステップ①】ゴールが最も大事
【ステップ②】相手の認識がすべて
【ステップ③】本当の問題を探す
【ステップ④】価値ある解決策を創り出す

○交渉に変化と幅をもたらす7つ道具
1.巨大隕石と北極星
2.感情のお見舞い
3.相手のルールを使う
4.フレームコントロール
5.不等価交換
6.段階的に進める
7.オープン・非操作

価値の交換をたくさんおこなうコツは、自分にとっては習慣化している努力、
つまりいつもの行動パターンのなかで提供可能なもので、
相手にはとっては何倍も努力が必要なものを積極的に交換するようにすると
交渉がうまくいきやすくなります

コミュニケーションの質が変わるということは、あなたをとりまく環境、家庭や会社も変わるということです。
それは奪い合う世界ではなく楽しく与え合う世界です。

○大事な実践ポイント
・「要望を聞きます。かわりに何をしてくれますか?」を使う。
・質問内容はシンプルにする
・交換できる価値を、棚卸しする

価値創造をする機会を増やしつつ、
自分が提供できるもの、強みを活かしていこうと思わせていただく、
学びと気づきの多い素敵な本でした(#^.^#)ノ

 

なぜあの人が話すと納得してしまうのか?[DVD付]―価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」

なぜあの人が話すと納得してしまうのか?[DVD付]―価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」

 

 

#大森健巳 #交渉 #納得 #価値交換 #価値創造 #理解 #自律性 #ステータス #役割 #ゴール #解決
#読書 #学び #気づき #面白い